スズメバチ駆除で怪我をしない為には距離感と駆除方法の選択が必須

刺される距離と攻撃パターンを知る

狂暴性の高いスズメバチも蜂の方から積極的に攻撃を仕掛けてくることはほとんどありません。蜂が人を刺すのは外敵から巣を守るための行動です。

蜂の巣に近づける距離の目安

大型の蜂

蜂は巣の周辺に近づく生物を警戒しており、一定の距離まで巣に近づくと警告を行なってきます。スズメバチの警戒範囲は巣から4メートル程であり、オオスズメバチは10メートル以内に近づくと傾向を実施してくることが多いです。巣に近づくと蜂は顎をカチカチ鳴らしたり、周りを飛ぶことで警告を発したりします。警告を無視すると毒針や顎を使って攻撃を仕掛けてくるので、蜂が警告を発してきた場合はゆっくりと警戒範囲から離脱しましょう。

自分で行なう場合の駆除準備は万全に

スズメバチ駆除を実施する際は必要な道具をしっかり揃えておき、作業中に怪我などを負わないように対処しなければなりません。不十分な装備では、蜂の駆除の際に怪我したりきちんと蜂の巣を駆除できなかったりする可能性があります。

身近にあるもので退治の準備ができる

通販サイトなどを利用すれば必要な道具はすぐに購入することができるので、駆除を行なう際は通販サイトを活用しましょう。また、蜂には洗剤がとても有効であるため、水鉄砲を使って石鹸水を巣へ吹きかければ個人でも蜂を退治することができます。

基本的に業者にスズメバチ駆除をしてもらうのがベスト

スズメバチ駆除は、基本的に自分よりも専門業者の方に作業を実施してもらうのがベストです。捕獲機やスプレーボンドなどを利用して巣を取り除く駆除方法も存在しますが、蜂の駆除に慣れていない方が行なうと蜂に刺されて病院へ運ばれる羽目になってしまいます。そのためスズメバチの巣などの危険な蜂を相手にする際は、巣の撤去を専門業者に任せて身の安全をしっかり守れるようにしましょう。

TOPボタン